スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てっぺいと首輪とたあさんと

昨日のつづきです。

じゃん!


実はもうひとつきまぐれやさんにお願いして作っていただきました!

本来は猫の首輪やさんなので、特別に!
たあさん用です~(>_<)
唐草模様を見た瞬間、これはたあさんにぴったりだと確信したてぺままです。

当のたあさんは首輪よりもきまぐれやさんが丁寧に包んでくださった紙の方に興味があったようですが…
003_20081025112154.jpg

で、もちろんやっていただきましたよ!
かぶりものキングたあさんのお家芸!
006_20081025112207.jpg

あ、ちょっと、いたずらに夢中になってないでじっとしてくださいます??

007_20081025112217.jpg

ほらね!やっぱりよく似合う♪

ちなみに、こうなったらやらずにいられないてぺまま。

てっぺいの「唐草かぶり~

006_20081025112243.jpg

008_20081025112258.jpg

たあさん用でサイズが大きいためかなんともすばらしいフィット感!

010_20081025112316.jpg

あ、そんなにイヤでしたか…jumee☆faceA105

スポンサーサイト

てっぺいにプレゼント♪

いつものようにソファーでまったりしていたてっぺい。


突然とっつかまり…

「なんかつけられた!!」
004_20081024111507.jpg

てっぺいよ、そんなこと言わないでくださいな。

ご存じの方も多いかと思いますが、
猫の首輪やさん きまぐれやさん
が作ってくださった首輪なのですよ!!

ほ~ら、とっても素敵な「クラシックスター」の首輪♪
005_20081024111519.jpg

いや、ほら、そんなおちこまないでよぅ。。
011_20081024111540.jpg

似合うってば~(親バカ)
014_20081024111607.jpg

「ほんとに似合う…?」
018_20081024111626.jpg

似合う似合う!もうちょ~カッコイイ!!

「ふぅん、ならまあいいかな・・・」
020_20081024111639.jpg

なぁんていっているてっぺいですが、すぐに慣れて何もつけていないかのようなリラックスぶりでした。
本当は首輪が苦手でつけると固まってしまうのですが、きまぐれやさんの首輪はやっぱり付け心地がいいみたいです!

きまぐれやさん、本当にありがとうございました!!

でも実はこれで終わりではないのです・・・ふふふ。

きまぐれやさんのぶろぐ、六畳一間「きまぐれや」通信。のほうではすでにご紹介いただいていたようなのですが。。

つづきはまた後日。

【おまけ】

ベストショット!!とおもいきやすっぱい顔になってしまったてっぺい…。
001_20081024111704.jpg

お久しぶりのてっぺい

皆様お久しぶりです。
前回の記事ではたくさんのあたたかいコメントをいただき、本当にありがとうございました。

その後もなかなか更新することができず、また皆様のところにご訪問することも
できておらず、本当に申し訳ありません。

今日はてっぺいに進行を任せることにしましたので、よろしくお願いします。

            ねこ                       ねこ

「みなさま、おひさしぶりです。」
007_20081019082842.jpg

「てっぺいです。」
008_20081019082857.jpg

「最近ねーちゃん(てぺまま)ちょっとおかしいんです。」
016_20081019083013.jpg

「この前なんててぺがベランダにでたことに気付かずに窓を閉めて、てぺは外に締め出されました…」
017_20081019083113.jpg

「ちょっとボケてきちゃったんでしょうか…」
021_20081019083401.jpg

「こまったねーちゃんです。」
020_20081019083336.jpg

「だからてぺはときどきひきこもってみたりしてます。」
018_20081019085120.jpg

「もっとてぺのかわいい写真を公開するように、みなさまからもゆってやってください。」
019_20081019083131.jpg

           ねこ                       ねこ

てっぺいさん、すみません。もっと努力したいと思います…。

虎次朗

皆様、すっかりご無沙汰してしまってすみません。
こちらにも登場させていただいたこともあり、皆様に報告しなくてはと思いながら、
なかなか決心がつかず、更新できずにいました。

2008年9月26日午前10時15分 文鳥の虎次朗が永眠しました。
享年5歳でした。

私はマンションの方に戻っていて、最期の時をともに過ごすことができませんでした。

若かりし頃の虎次朗。
VFSH0007_20081005113554.jpg

まだくちばしも黄色く、羽根も満足に生えてない頃から育てた私の長男でした。
VFSH0008.jpg

度々留守にする私が実家に帰ると、必ずカゴにしがみついて歓迎してくれました。
VFSH0027.jpg

気が強くて、気に食わないと噛みつきにくるコでしたが、私の手や肩に乗るのが大好きでした。
VFSH0028.jpg

若干調子っぱずれのお歌をいつも歌ってくれました。
VFSH0030_20081005102229.jpg

朝自由に遊んでるとき、なぜか私のコップにとまったりもしました。
07-07-02_09-15.jpg

たあさんのことも少しも怖がらず、むしろたあさんの方が腰がひけてました。
携帯画像 235

具合が悪くなったのは今年の4月。
あんなにキレイだった羽がぼろぼろになってしまいました。
025_20081005103913.jpg

真赤だった目の周りが白っぽくなり、大好きなお歌も歌わなくなりました。
027_20081005103927.jpg

それでも小さな身体で精いっぱい闘った虎次朗。
122.jpg

不用意に手を入れたら攻撃だってしました。
044_20081005104147.jpg

そして再び美しい姿を取り戻しました。
039.jpg

でも。
040.jpg

もう止まり木にもとまれない状態になってました。
100.jpg

ご飯を食べに行くのも大変になってました。
101.jpg

でも、最期まで闘った虎次朗。
おそらく脳に腫瘍ができていたのだと思います。
身体が小さすぎて、手術することもできませんでした。
無理に薬を飲ますのもかわいそうで、何もしてあげられませんでした。

ごめんね、虎次朗。
私が辛い時期に支えてくれたのに、私は何をしてあげられただろう。
猫まで連れてきて、ごめんね。
でも大好きだったよ。
ありがとう。
本当に、ありがとう。

すみません、一方的に自分の想いだけ書いてしまいました。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

虎次朗をかわいいといってくださった方々、本当にありがとうございました。
虎次朗と、私は幸せ者です。
本当に、本当にありがとうございました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。